歯科医療にもPOS・POMRカルテを

Opt.one®の歯科カルテシステムは、POS、POMR、SOAPによって「歯科医療に求められる姿」の実現をサポートし、 患者様に喜ばれる医療を推進できる「デンタルPOS®」機能を提供しています。

POMRカルテ導入のメリット

デンタルPOS®による診療録(デンタルPOMR)は、治療過程をエビデンスに基づいて論理的・科学的に記載できます。 従って誰にでも明確に説明できる記録が可能となります。以下のような多くのメリットがあります。

  1. インフォームドコンセント提供 による患者さんや家族への治療内容の説明力強化
  2. POS医療理論に基づくPDCAサイクル(初期計画 Plan → 治療 Do → 監査 Check → 改善 Action)の推進による 治療内容の高品質化
  3. 歯の問題プラス患者さんの全人的ケアに焦点をおいた医療記録の実現
  4. 医師、歯科衛生士、スタッフ間のチーム医療 のレベルアップ
  5. 歯科以外の疾患を持つ高齢者治療における、医科歯科連携の実現
  6. 厚生労働省の指導に対応できる高品質カルテによる、カルテ開示・個別指導の強い味方
  7. 患者コミュニケーションがわかりやすくなることによる患者さんの信頼獲得と、結果、リコール率アップと増患への期待

一般のレセコンとPOMR式カルテとの大きな違い

カルテ機能が単にレセプト発行のための書類ではないこと

多くの歯科用コンピュータで作られるカルテは、レセプト発行=保険点数計算 のために作られています。 診療行為が時系列の処置に沿って、明確に記載されていないと、カルテ開示や個別指導の場でその診療行為が否定されてしまう可能性があります。 Opt.one®では、エビデンスに基づいたカルテの記録と医療保険に適う診療録の記載を同時に保障します。

歯科医療の実践記録がそのまま保険診療記録になること

デンタルPOSRを活用した歯科医療の実践では、
①問診と診察所見による患者基礎データの収集
②その結果を所定の様式で問題リストとして記載
③その問題に基づいた治療計画と実施
④経過記録をデンタルSOAPRで記載
⑤その結果を監査し必要があれば治療計画を再考
これらの論理的・時系列的治療行為の結果としてカルテが記載され、同時に保険点数も記録されます。

© 2013 株式会社オプテック