オンライン資格確認の接続機器、回線について


オンライン資格確認 ~ ハード面に関する質問 ~

(1)マイナンバーカードの読取・資格確認等のソフトウェア・機器の導入
(2)ネットワーク環境の整備
(3)レセコン、電子カルテ等の既存システムの改修
等が必要になります。

無線LANへ対応することは技術的には可能ですが、無線APやアダプタを新たに用意しなくてはならないので、その手間と物品代が追加でかかります(基本、有線接続を前提として考えています)。
医院さんの環境で無線にせざるを得ない場合は、NTTスタートパックの無線仕様のものを導入するのが、よいと思います。

弊社から提供するオンラインスタートキット39万円(税別)にパソコンは含まれているので、オンラインスタートキットの申し込みをお願い致します.

オンライン資格確認端末(パソコン)やルータ等のネットワーク機器が必要になります。
オンラインスタートキット39万円の申し込みをお願い致します。

すでに弊社のカルテシステムをご利用していただいている歯科医院様は, 回線をお持ちですので新たに回線を引いていただく必要がありません。
フレッツ光等のオンライン資格確認接続可能回線なら、IP-VPN方式で接続可能です。
非対応の回線の場合は、IPSec+IKE方式で接続可能です。(IPSec+IKE方式はインターネット回線以外に別途費用が必要になります)
他社のサービスでオンライン資格確認端末を導入を希望される場合は、新たに回線を引かなければならないケースもあるようですので、一度弊社営業担当の方へご相談をいただければと思います。

ノートPCでの導入プランもあります。詳しくはお問い合せ下さい。

はい、大丈夫です。
大規模な歯科医院様で受付用端末(患者原簿作成用のパソコン)が複数台あった場合でも、どの受付機からでも、オンライン資格確認端末が読み取った保険資格情報を確認することができます。

可能です。その場合は、現在使用されている受付機メーカーとの打ち合わせが必要となります。

可能です。但し、現在使用中のレセコンメーカーと連携について打ち合わせが必要です。
レセコンとの接続費用が重複してしまう可能性もあるので、早期に弊社カルテシステムへの切り替えの検討をお願い致します。
切り替え時期が半年後なら、回認証付きカードリーダの申し込みを3月末までに行い、弊社カルテシステム導入時にオンライン資格確認システムを導入する方法もあります。
その場合は、42.9万円を上限に全額補助金対象になります。
現時点で、顔人認証付きカードリーダに接続するパソコンとレセコン子機を一緒にすることはできません。

答えが見つかりませんか? お手伝いします。

質問を出す

お問い合わせください。できるだけ早くご連絡いたします。